エリア計測の話

こんにちは、こんばんは、もしくはおはようございます、ユキヒロです!6月のガチエリアの計測が終わりましてご報告です。

6月エリア計測

結論から言いますと、XP2229スタートでした!

先月は計測XP2122から始まり、その後連敗して2000を切るまで落ち、2100に戻せずに悔しい気持ちで終わったのですが…一体なんだったのか…。

その後少し勝って2250までは乗せられたので、今月はとりあえず2300が目標ですね!

XP2000~2100の感想

今はサボってたリハビリ期間ですが一応銀モデXP2400経験者として…

※すこし味方批判っぽくなるかもしれません。個人的には「非難」ではなく「適度な批判」はOKだと思っています。

まず思うのは2VS1が作れない…銀モデには悲しいほど殺傷能力がないので基本逃げるか長時間打ち合って味方の横槍を期待するかなのですが、あまりサポートをもらえませんでした。

また、エリア塗り意識がちょっと低い。「みんなで塗ればリードできる」という場面で銀モデ1VS敵2~3と塗り合いになって、味方がエリア関与してくれずにリードしきれない場面がすごく多かったように感じました。何というか、塗りを生かしてもらえない虚無感がありました。

エリアの基本原則として「自分のカウントをすすめる、敵のカウントを進ませない」というのは絶対で、当然ながら最終的に1カウントでもカウントが進んでいれば勝利なので、カウントを見ながらエリアに関与してもらえるとむちゃくちゃ助かります…!

あるいはカウントリード(する/される)間近でエリアを塗ってる敵をまっすぐキルしてもらうのも大変ありがたい…!

自分の反省点

とはいえ自分も反省点がたくさんありました…。

  • 銀モデで調子に乗って殺しに言って返り討ちにあった
  • 味方がいないところでヘイトを買ってただただ死んでいた
  • 味方が後退しているのに気づかず独りでエリアを塗っていて死んだ
  • 味方枚数が少なくエリア維持の恩恵も少ないときにピッチャーを吐いた
  • 打開のときどの味方を前に押し出せばいいか考えずただエリアに突撃していた

などなど…数え切れませんね。

塗り専ブキを持つものとしては、ゲームメイキングをしなければならないと思っていて。

「味方が気づかないくらいさり気なく勝利に貢献する援助を数こなす」というのが大事なのですが、味方に負担をかける無茶なプレイがまだまだ多いです。

こういうゲームは上手なプレイをするよりもミスを減らす堅実な立ち回りをしたほうが強い場合が多いので、試合の中でミスカウントをしながらすこしずつ潰して理想のプレイに近づけていきます。

最後に

5月の苦難があってこその6月計測が順調な滑り出しだったと思うので、2100未満で悩み苦しんだ時間は無駄ではなかったハズ。

今月も苦手なステージは避けてプレイすると思いますし、以前の記事で書いたとおり在宅勤務でなくなったために夜ゲームできる時間が一時間ほど削られてしまいエリアの時間がうまく確保できないかもしれません。
ですが今月も目標に目指して努力を重ねていくことに変わりはありません。応援していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です