HEIF(.heic)とは?iPhoneの画像フォーマットをjpgに戻す方法

HEIF(.heic)とは?

HEIF(ヒーフ)とは、iOS11から採用された画像のフォーマットです。拡張子には.heicが使われます。

このフォーマット、写真で一般的に使用されるJPG画像のなんと2倍の圧縮率を誇り、iPhoneの容量節約に大きく貢献しています。

しかしHEIF(.heic)は比較的新しいファイルフォーマットのため、対応していないソフトが多く使い勝手が悪いことがあります。

私の場合は動画編集を良くするのですが、動画編集ソフトなどに入れ込もうとすると対応してないフォーマットと表示されるのでいちいちwebアプリを使って.jpg形式に変換していました。

iPhoneならgoogleフォトクラウドを経由するとjpg画像に変換できるという小技もありますが、やはりひと手間かかるので面倒です。

そこで今回はiPhoneの撮影した写真のフォーマットをHEIF(.heic)からJPGに戻す方法をお伝えしていきます。

新規撮影する写真をHEIF(.heic)からJPG(.jpg)にする

まず、iPhoneの設定から「カメラ」を選択します。

次に「フォーマット」を選択します。

最後に「フォーマット」の設定を「高効率」から「互換性重視」に切り替えます。

以上の設定で、以降に撮影される写真の保存形式がJPGになります。

先述の通りHEIFは圧縮率がウリのファイルフォーマットですので、写真をいっぱい撮る方はJPG変換後はiPhoneの容量に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です