【簡単】FaceRigでアバターを一覧に追加する方法!

  • Live2Dでアバターを作ったけどどうやってFaceRigに入れ込めばいいのか分からない…
  • 配布されているLive2Dアバターを導入したいけどいったいどうすれば導入できるの…?

といったお悩みをお持ちではないでしょうか?

FaceRigの後継ソフトとしてAnimazeが配信されて数ヶ月が経ちますが、このブログでもFaceRig関係の記事が多く読まれており、未だにFaceRigの人気が伺えます。

Animazeがサブスクリプション性を導入していたり、新しいソフトより慣れ親しんだソフトのほうが良かったりと、サポートが続かないのはわかっていてもまだFaceRigを使いたいという方も少なくないようです。

そこで今回は、今更感はありますが、FaceRigにLive2Dで作成したアバターを追加する方法をご紹介します!

↓前回のFaceRig記事はこちらです。

フォルダ構成

Live2Dの自作アバター、あるいは配布や販売されているものが手元にある前提で話を進めさせていただきます。

今回は例として、稀有けう君のチャンネルの奥さん、そんちゃんのアバターをお借りしました。稀有君、そんちゃんありがとうございます!

↓稀有けうのチャンネルはこちらです。
https://www.youtube.com/channel/UCphi8ARYaWg4lEU8LEu8GGQ

フォルダ内の構成は以下のようになります。

  • xxx.2408フォルダ
  • ico_xxx.png
  • xxx.cdi3.json
  • xxx.moc3
  • xxx.model3.json
  • xxx.physics3.json

ico_xxx.jpgはFaceRig上でアバターを識別するのに使うアイコンになります。ない場合は「256px × 256px」の大きさで作成しておいてください。

xxx.2408フォルダの中身はテクスチャになっています。

ここだけ見るとちょっとグロテスクですね…

フォルダに移動

これらのファイルが揃っているのを確認できたら、FaceRigのフォルダの中に入れていきます。

入れる先のパスはSteam\SteamApps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_CustomData\Objectsです。

Steamフォルダは、初期設定のままダウンロードしていればおそらくCドライブのProgram Files (x86)の中に入っています。

データ一式をフォルダに移動したらFaceRigを起動してアバターが追加されたか確認してみましょう。「Workshop and Custom Avatar」にアイコンが追加されていることがわかります。

アバターがぼやける場合

この時アバターがすこしぼやけて表示されることがあるようなので、その時は設定からアバターの描写をUberHighに設定してみてくださいね!

おわりに

これでアバターを追加することができました。

オリジナルアバターや配布、有償配布されているアバターを使って良いFaceRigライフをお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です